読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きよくらの備忘録

「三日坊主と呼ばせない!日記」改め。主にソフトウェア開発関連の話題。

2000 Serverのインストール(いまさら)

ちょっとしたテスト環境を構築する必要が発生したので、Virtual Server上にWindows 2000 Serverをセットアップ。
本来は、OSのセットアップ+SP4適用+各種アップデートを完了した状態のVHCとVHDを確保しておいて、それのコピー上に環境を構築すればよいのですが*1、前回、旧サーバの代替環境をVS上に構築した際に、基本環境のバックアップをとらずに各種アプリケーション&サービスの構築をしてしまうという大失態を犯してしまいましたので、すごすごとフルインストールしております。

一応、覚えておいたほうが良いメモ。

  • インストール後、Windows Updateする前に、SPを当てなければならない。
    Windows Update画面に行ったら、その旨教えてくれるので、そこの画面からリンクをたどってインストール。

  • SP4適用後にWindows Update使用とすると、今度はIE6にしろと言われるので、IE6にする
    画面中のリンクをクリックすると、IEのサイトに行くが、トップページは現在IE7一色なので、左のメニューからIE6を選択し、そこからダウンロード→インストール

  • インストールしたイメージを、今後のVMのクローンのマスタとして利用する予定なら、TCP/IP設定は固定IPでは無くてDHCPにでもしておいたほうが良いかも。
    まあ、起動時にバッティングを検出したら、勝手に後から起動したほうが遮断してくれるんだけれど、万が一、ということもあるので念のため。


VM上だし直ぐ終わるのだけれど、やっぱり面倒くさい。ので、今回はちゃんとコピーして固めておこう……。

 

*1:もちろん、それでもsysprepでSIDとかの書き換えはしてやる必要はありますが