読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きよくらの備忘録

「三日坊主と呼ばせない!日記」改め。主にソフトウェア開発関連の話題。

アプリケーションをブラウザ外実行出来るように設定する

Silverlight3以降では、ブラウザ外実行モード(OOB、out-of-browser)が備わっています。
これはSilverlightアプリケーションをローカルにインストールして利用できるモードで、AdobeのAIRのようなものと理解すれば良いかと思います。


アプリケーションをブラウザ外実行させるには、プロジェクトのプロパティで設定を行ってやる必要があります。

<手順>

  1. プロジェクトのプロパティを表示する
  2. Silverlightタブを表示する
  3. 『アプリケーションのブラウザー外実行を有効にする』のチェックをオンにする
1.プロジェジェクトのプロパティを表示する

ソリューションエクスプローラからプロジェクトのコンテキストメニュー経由、もしくはメニューバーの[プロジェクト]−[<プロジェクト名>のプロパティ]等から、プロジェクトのプロパティ画面を表示します。

2.Silverlightタブを表示する

プロジェクトのプロパティにて、Silverlightタブを表示します。

3.『アプリケーションのブラウザー外実行を有効にする』のチェックをオンにする

『アプリケーションのブラウザー外実行を有効にする』のチェックをオンにし、保存を行います。

以上の手順を行い実行し、クライアント領域内で右クリックすると、コンテキストメニューに『このコンピューターに<アプリケーション名>をインストールします』のメニューが表示されるなり、これを使ってインストールすると、ブラウザ外実行させることが出来るようになります。