読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きよくらの備忘録

「三日坊主と呼ばせない!日記」改め。主にソフトウェア開発関連の話題。

今年の秋のASP.NET 関連書籍レビュー、その1:『ASP.NET MVC5 実践プログラミング』

ついこの間まで『ASP.NET MVCの和書が少なくて辛い』とか言っていた記憶があるのですが、今年は状況が変わりました。素晴らしい。この秋、ASP.NET関連の和書が3冊、発売されました*1

そのうち、最初に発売されてた 『ASP.NET MVC5 実践プログラミング』についてご紹介したいと思います。

『ASP.NET MVC5 実践プログラミング』

ついにASP.NET MVC5をガッツリと扱った書籍が9月に発売されました。著者はASP.NET関連の書籍を多数執筆されている山田祥寛氏。

ASP.NET MVC 5実践プログラミング

ASP.NET MVC 5実践プログラミング

とても幅広いトピックス

目次はこちらで確認できますが568ページと相当なボリューム。少しずつ読み進めてようやく一通り目を通すことができました。 タイトルからASP.NET MVC 1.0をターゲットにした『ASP.NET MVC 実践プログラミング』の改訂版とも取れるかもしれませんが、MVC 2以前と3以降では仕組みなども相当変わっており、単なる改訂版ではない点は強調しておきます。

先ほどのリンクから確認できる目次を見てもお分かりいただける通り、非常に幅広いトピックスを扱っています。これだけ広範囲について触れているので、ともすると「内容が薄いのでは?」と思われるかもしれません。当初は私もそうではないかと思っていました(失礼)。が。ところがどっこい、そんなことはありませんでした。それぞれのトピックスが、少なくともASP.NET MVC 5を最初に勉強するときに目にするものとしては、十分な情報量を持っているといっていいのではないでしょうか。

例えば、デフォルトのテンプレートやスキャフォールディングなどで自動生成されるコードに含まれている事項についてもきちんと説明されています。

『実践』的な内容

ASP.NET MVCでは色々な便利な機構が備わっているため、チュートリアルレベルの内容であれば物凄く簡単にできることが多いです。が、いざ実際のプロダクトに適用しようとするとそのままでは利用できず、かといってカスタマイズに関する情報も(特に日本語では)限られていて、今一つわかりにくいMSDNドキュメントをあさったり、個人のblogや海外のサイトをあたったり…という事が多かったのではないかと思います。

本書では、そういったカスタマイズについても、基本的な部分について多く触れられています。最終的にMSDN等のドキュメントをあたるにしても、まず最初の段階のわかりやすい解説がまとまった形で読めるのは非常に価値があると思います。

たとえば検証属性やモデルバインダー、フィルター属性、はてはビューエンジンの自作についても(初歩ではありますが)触れられています。

ASP.NET MVCを始めるときにまずお勧めできる本

これからASP.NET MVCを始めるにあたって、まず最初にお勧めする和書だと思います。6月にこちらのエントリで紹介した『.NET開発テクノロジ入門 2014年版 VisualStudio2013対応版』も、ASP.NET関連テクノロジ全般について触れられている書籍としては相変わらずお勧めできます。

.NET開発テクノロジ入門 2014年版 VisualStudio2013対応版 (MSDNプログラミングシリーズ)

.NET開発テクノロジ入門 2014年版 VisualStudio2013対応版 (MSDNプログラミングシリーズ)

しかし、『MVC 5』という観点では、まずはこの『ASP.NET MVC5 実践プログラミング』が良いのではないかと思います。

次回(?)予告

ASP.NET MVC5で、『この次に読むべき本は?』となると、おそらくは『プログラミングASP.NET MVC 第3版 ASP.NET MVC 5対応版』となると思います。

プログラミングASP.NET MVC 第3版 ASP.NET MVC 5対応版

プログラミングASP.NET MVC 第3版 ASP.NET MVC 5対応版

今月末発売の予定ですが、先週開催されたイベントで先行販売されたので、すでに入手されている方もおられるかもしれません。 私も、同イベントに参加した同僚に購入してきてもらったのでとりあえず手元にあります。 まだ未読ですが、なるべく早めに目を通してご紹介したいと思います。

また、ASP.NETファミリ?のSignalRについての書籍『プログラミングASP.NET SignalR』も発売になります。こちらは未入手ですが、早めに読んでみたいなぁ、と思っています。

プログラミングASP.NET SignalR

プログラミングASP.NET SignalR

*1:うち2冊は現時点では発売日は来ていませんが、MSC会場で先行販売されたのでとりあえず過去形で書いています