読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きよくらの備忘録

「三日坊主と呼ばせない!日記」改め。主にソフトウェア開発関連の話題。

IIS 7以上でクラシックASPの詳細なエラーを表示する

IIS クラシックASP

IIS7.5以上でクラシックASP(レガシーASP/ Active Server Pages)を実行、エラーが発生した際、規定の設定では詳細なエラーが表示されません。
これはセキュリティ上の理由からだそうです。


これを表示させてやるには、二か所ほど設定を変えてやる必要があります。
※今回、2008 R2上のIIS 7.5で行いましたが、7.0や8.0でも多分同じです。

1) 「ブラウザーへのエラー送信」を有効にする

『インターネットインフォメーションサービス (IIS) マネージャ』から、該当の仮想ディレクトリの設定で、[ASP]->[コンパイル]-[デバッグ プロパティ]-[ブラウザーへのエラー送信]を"True"に変更してやる。


2) エラーページで「詳細なエラー」を選択

[エラーページ]->[機能設定の編集]-[詳細なエラー]を選択する。




以上で、詳細なエラーが表示されるようになります*1



※本番稼働時は元の設定に戻すことをお奨めします

*1:もちろん、IEの「エラーの簡易表示」はOFFっておきましょう