読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きよくらの備忘録

「三日坊主と呼ばせない!日記」改め。主にソフトウェア開発関連の話題。

これからASP.NETを始める人が読むべき本

これからASP.NETをはじめる人に、『まずこの本を読みましょう』と即答できる書籍がようやく発売されました。

.NET開発テクノロジ入門 2014年版 VisualStudio2013対応版 (MSDNプログラミングシリーズ)

.NET開発テクノロジ入門 2014年版 VisualStudio2013対応版 (MSDNプログラミングシリーズ)

今年の6月4日に発売されたこの本、5末に開催されたde:codeの会場で先行販売されていたのをゲットしていたのですが、実は今日になって初めてまともに目を通しました(すみません)。

 

タイトルからして、.NET開発全般を広く浅く紹介してると思えるかもしれません*1。が、版社である日経BPのサイトの目次を見ていただけるとわかるのですが、第6章以外はほぼほぼ、ASP.NETもしくはASP.NETでも押さえておくべきテクノロジとなっています*2

 

なので、この書籍は『One ASP.NET入門』と思って読んでも差しさわりにない無いないようになっていると思います。というかむしろ、まずはこの書籍を読みましょう。

 

 

ASP.NET MVCを深く学ぶには…

特に『ASP.NET MVCの開発をこれから始めよう』と思った場合、まずはこの書籍の1章~3章を読んだうえで、公式サイトのチュートリアル(※ただし英語)をやってみるというステップが良いのではないかと思います*3

その上で、ASP.NET MVCについてもっと深く知りたい場合は、こちらの書籍がお勧めできます。

プログラミングMICROSOFT ASP.NET MVC (Microsoft Press)

プログラミングMICROSOFT ASP.NET MVC (Microsoft Press)

 

この書籍の内容はMVC 3準拠で記述されています*4。が、MVC 5であっても概念や仕組みについてはMVC 3の知識がほぼそのまま生かせます。またこの書籍は『初心者向けのチュートリアル』や『TIPS集』的なものではありませんASP.NET MVCの概念や仕組み、これを使ってアプリケーションを実装・設計する際に必要な知識について述べている書籍です。そういったこともあって、少なくともMVC 5世代では大半の記述内容がそのまま通用すると思います。

(現在、翻訳元のほうはMVC 5対応のバージョンの isbn:1430265299 が発売されていますが、基本的にはMVC 5での差分が加筆されている程度のように見えますし。)

 

ということで、重ねてになりますが、ASP.NET MVCの日本語書籍が欲しい方は、まずは一度チェックしてみてください。

*1:何を隠そう私も最初はそう思っていました

*2:Entity FrameworkもMSの雰囲気的には、どちらかというとASP.NET寄りと思っても差しさわりが無い感じだったりもしますし。

*3:Entity FrameworkはASP.NET MVCの必須テクノロジーではありませんが、公式チュートリアルの大半はEntity Frameworkを利用しています。そのため、『チュートリアルをちょっと改造して何かしよう』とか思った際にも、Entity Frameworkの基礎をある程度は知っておかないと変なはまり方をする恐れがあるんじゃないかと思ってます

*4:MVC 4についても巻末で補足されています