読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きよくらの備忘録

「三日坊主と呼ばせない!日記」改め。主にソフトウェア開発関連の話題。

Team Foundation Server 2010をスタンドアローンで運用するポイントメモ

『今更2010かよ!』という突っ込みは承知していますが、ひょっとしたらこれから何らかの理由でTFS2010を新規で運用開始する人もいるかもしれないので、備忘録がてら。


1年少々の間、スタンドアロン構成のTFS2010をHyper-V上に構築して運用した中での思ったことやはまった点のメモ。


OSは2008 Server R2 STD、DBはSQL Server 2008 R2です。双方64bit。
ユーザは普段使ってる人は10人未満。常時稼働しているチームプロジェクトは3〜5くらいでしょうか。ユーザ企業のインハウスプログラマが使っているだけなので、そんなに同時アクセスは多くない環境。ゲートチェックインや自動ビルドもあまり使っていない感じ。


では、ざっくばらんなメモ、スタート。

  • メモリは4GBではきつい
    • 通常は問題ないが、WSSへのファイルのアップロードが重なると4GBではきつい。
      • 主にしんどいのはWSS3.0
    • 現状、8GBで安定している
      • WSSが無かったら4GBで余裕かも?
    • ちなみに、4GB無いと、セットアップできない
      • WSS3.0のインストーラだったかもしれなが、とにかくインストーラで蹴られた
      • Hyper-Vで動的確保にする際も、最低ラインを4GBにしておく必要アリ
  • WSS3.0は色々微妙
    • TFSのインストーラからインストールしたままだと微妙なところがある
      • そのままだとSharePoint Server Search サービスがインストールされない
      • Windowsのサービスのコンソールで見るとインストールされてる風だけど動かない
      • コントロールパネルからウィザードでWSSの再構成をしてインストールする必要アリ
    • ぶっちゃけ、SharePoint Foundation 2010をインストールしてそっちを使うべきと思う
      • SharePointの機能自体がかなり違う。WSSを使う理由はセットアップが楽なこと意外はない。
  • バックアップはTeam Foundation Server Power Tools December 2011で
    • Power Tools内のTeam Foundation Server Backupsが楽
    • ただし、OSごと飛んだ時に迅速に復旧したいならOS自体(もしくはVHD)のバックアップは必要
      • 上記ではSQL ServerのDBのバックアップを取る。それだけあれば再インストールから復旧はできるが。
  • 10人いるならAD立てるべき
    • 特にSharePoint絡むなら、ADが無いと色々面倒。5人でもADあったほうが良いと思う。
  • SharePointを使いこなすなら、SharePoint自体の構築と運用の学習が必要
    • 当然といえば当然ですが…
    • 逆に、SharePointも使いこなさないと勿体ない。


…ほかにもあった気がしますが、とりあえず思い出せたものを。


#などといいつつ、…ぼちぼち、TFS2012へのマイグレーションも視野に入れて検証を開始予定