読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きよくらの備忘録

「三日坊主と呼ばせない!日記」改め。主にソフトウェア開発関連の話題。

Windows Azureの実践的なチュートリアルが公開さています

ASP.NET Azure

ASP.NET Official Siteに、Windows Azureを利用したクラウドアプリケーションのかなり実践的なチュートリアルが公開されていました。

Building Real-World Cloud Apps with Windows Azure

『Fix It!』という架空の(?)バグトラッカーのサービスアプリケーションを作成してWindows Azureで運用する、というお題にそってすすめるチュートリアルです*1。が、このチュートリアル、そのへんのチュートリアルとはちょっと違います。

 

クラウド開発パターン(Cloud development patterns)』として、13のパターン(トピック)にまとめて一気通貫で解説するチュートリアルになっています。

アジェンダからかいつまんで、トピックを翻訳すると、多分こんな感じです(※翻訳は適当なので原文見てください)。

  • 全てを自動化する(スクリプトベースでAzureを操作するとか)
  • ソース管理(DevOpsを実践する流れについて/センシティブなデータをどう管理するか/VSでGit)
  • 継続的インテグレーションとデプロイ
  • Webアプリ開発のベストプラクティス
  • シングルサインオンWindows Azure Active Directoryを利用)
  • データストレージの選択肢
  • データのパーティショニング戦略
  • Blobストレージ
  • 障害を生き延びるための設計(障害の種類やSLAの話)
  • 監視と遠隔測定(New Relic/ログの仕込み方の話)
  • 一過性の障害のハンドリング(例外時の再試行などの戦略と実装)
  • 分散キャッシュ
  • キュー中心パターン(キューを効果的につかって高可用性を実現するとかそういう話)

これだけ見ても、単純に「サンプルアプリケーションをAzureにデプロイしましたよ、はい終わり!」というチュートリアルとは、一線を画していますね。

 

上記Webサイトでのチュートリアルの他、PDF形式のe-bookやサンプルソースも提供されています。スクリーンショットや図などもふんだんに使われていますので、英語が苦手な方でも、Google翻訳やBing Translatorを使えば十分行けると思います。

 

 

試そうにもクラウドサービスだからお金がかかるのでは…?」と心配されるかもしれませんが、Windows Azureは最初の一か月は17,000円分を無償で利用できます。このチュートリアルを通すくらいならきっと十分だと思います。 また開発環境も無償版のVisual Studio 2013 Express for Webが利用できます。

 

Azureに興味があるや、「とりあえずWebアプリを作ってデプロイしては見たけど、その次は…」というか方も、ぜひ、試してみてください。

*1:以前どこかのイベントか何かでScott Guthrieがデモっているのを見たことがあった気がします