読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きよくらの備忘録

「三日坊主と呼ばせない!日記」改め。主にソフトウェア開発関連の話題。

Web PIによるSilverlight 4の開発環境の構築方法

TECH

※OITECのハンズオン参加者向けの、開発環境構築の参考メモです。
 特にWeb Platform Installerを利用して構築する方法を書いてみました。
[2011/1/14 追記]
Web Platform Installerのバージョンが執筆時点の2.0から3.0にアップしました。WebPI部分の操作が変更になります。
後程訂正する予定ですが、ご注意ください。

[2011/1/23 追記]
Web Platform Installerのバージョン3.0での操作方法に記述を変更しました。

1.初めに -開発に必要なもの-

Silverlight 4のアプリケーション開発に最低限必要なのもは主に以下のものです。

また、必須ではありませんが、以下も有用なため、今回インストールしておきます。


※ ハードウェアやOS等は、上記のものの動作条件を満たすものとしてください。
Windows XP SP3以上で、CPUが1GHz以上、メモリが1GB以上あればとりあえず動くのではないかと思います)

2.セットアップ方法

セットアップ方法は何通りもありますが、(Web Platform Installer : 通称 Web PI) を利用すると容易にセットアップが可能です。
ここでは、Web PIを利用したセットアップ方法を記述します。

  1. 事前準備
    • 製品版のVS2010をお持ちの方は、事前にインストールしておいてください。
      セットアップオプションはSilverlightASP.NETが開発できるように選択してください(既定のオプションで問題ありません)。

    • Silverlightのランタイムがある場合は一旦アンインストールしてください(推奨)
      以降のステップでSilverlightの開発者用のランタイムがインストールされるのですが、タイミングによっては一般向けのランタイムのバージョンをバッティングを起こし、インストールできない場合があります。
      すでにSilverlight 4のランタイムがインストールされている場合は一旦アンインストールすることをお勧めします。

  2. Web PIのインストール
    以下のサイトにアクセスし、Web PIをインストールしてください。

    http://www.microsoft.com/web/downloads/platform.aspx
    (画面左の、「ファイル名 : wpilauncher.exe 」の上の画像がダウンローロードリンクになっています)
    wpilauncher.exeをダウンロードし、実行、インストールしてください。

  3. Web PIの起動
    インストールが完了したらWeb PIを起動します。
    (インストール後、自動的に起動します。しない場合や閉じてしまった場合はスタートメニューから起動してください)

  4. 対象を選んでインストール
    インストールするアイテムを選んでインストールします。

    1. 画面上部の[製品]をクリックします。

    2. さらに、画面左ペインにで[ツール]をクリックします。

    3. 【VS2010製品版をお持ちでない方のみ】表示された画面内で『Visual Web Developer 2010 Express』の[追加]をクリックします。

    4. 【全員】『Silvleright 4 Toolkit April 2010』と『Silverlight 4 Tools for Visual Studio 2010』の[追加]をクリックします。

    5. 右下の[インストール]ボタンをクリックします。

      以降はWeb PIのウィザードの指示に従ってください。

      【注意】
      Expression Blendやβ版等により古いバージョンのランタイムやSDKがインストールされていると、Silverlight Toolsのインストールに失敗する場合があるようです。
      失敗する場合は事前にアンインストールしてください。
      (『プログラムと機能』を開いて、『Microsoft Silverlight』と『Microsoft Silverlight 4 SDK』となっているもの。『Siverlight 3 SDK』はアンインストールしなくても大丈夫です。

      ※2011/01/23上記手順をWeb PI 2.0からWeb PI 3.0での手順に書き換えました

  5. 利用登録(※VWD2010のみ)
    VWD2010の場合は、利用登録しない場合は30日間しか利用できません。

    機能に問題はありませんが、無償ですので利用登録をお勧めします。

    登録する場合は、Visual Web Developer 2010を起動したときに表示されるダイアログにて、『オンラインで登録キーを取得する』をクリックし、指示に従って取得、入力してください(おそらくすぐに発行され、メールで通知されます)。

    取得しない場合は、『試用する』で進んでください。

3.動作確認

正しくSilverlight 4のアプリケーションを開発できる環境がセットアップされているか、動作確認を行います。

  1. VS2010もしくはVWD2010を起動します。
    ※初めて起動する場合、環境設定を行うため、少し時間がかかる場合があります。

  2. [ファイル]−[新しいプロジェクト]等から、新規プロジェクト作成ダイアログを起動します。

  3. 左ペインのツリーから言語を選択し、その配下にある『Silverlight』を選択します。
    言語はC#もしくはVisual Basicになります。

  4. 右ペインで「Silverlight アプリケーション」を選択し、[OK]をクリック
    プロジェクト名などが規定値で構いません
    『新しいSilverlightアプリケーション』ダイアログが開きます。

  5. ダイアログ内の下部の「Silverlightのバージョン」でSilverlight 4を選択
    Silverlight4が選択肢に出てこない場合、Silverlight Tools for Visual Studio 2010がインストールできていない可能性があります。
    選択出来たら、[OK]をクリック

  6. プロジェクトテンプレートが展開されます
    正常にセットアップが終わっている場合、プロジェクトテンプレートが展開され、開発の準備が整いました

    ※場合によってはここで『〜SDKがインストールされていない』旨のエラーが表示され、先に進めない場合があります。
    その場合以下から直接Silverlight 4 のSDKを取得し、インストールしてください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=298170D6-567C-4B90-9917-490FFCDDBA87&displaylang=ja

  7. F5を押して実行
    プロジェクトテンプレートの展開が正常に終了したら、F5キーを押下してデバッグ実行を実行してみてください。
    コンパイルエラーなどが表示されず、IEが起動し、白紙の画面が表示されれば正常です。




以上で開発環境の構築及び動作確認が完了です。
お疲れ様でした。

Web PIを用いない場合は…

Web PIを使わずに個別に環境設定する場合は、以下等から必要なものを取得し、個別にセットアップしてみてください。