読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きよくらの備忘録

「三日坊主と呼ばせない!日記」改め。主にソフトウェア開発関連の話題。

家庭内サーバを新調しました

TECH 物欲

この度…というかお盆前に、家庭内サーバを新調しました。

スペックとか

サーバと言っても、普通のショップブランドのタワー型PCです。
この、ドスパラ製のモナーク64というモデル( http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/2/56/3208/0/ )です。


少し前に私のTLでは話題になっていたコレ、メモリ64GB+Core i7 3820で10万切るというものです。チップセットがSunday-Bridge世代のX79と、今の最新からは一世代古い感じですが、最新を求めるのでなければ十分だなと思いました。SATA3も載っていますし、USB3.0ポートもありますので、家庭内のHyper-Vの母艦としては十分と判断しました。


今回はこれをメモリを32GBに減らすなどのカスタマイズをして、9万を切る価格で購入しました。


ちなみに、サイト上ではMBが何になるかは確認できませんが、私の手元に届いたのはMSIのマザーでした。また、グラフィックもカスタマイズ画面を見ると NVIDIA GeForce 210 512MBとなっていますが、実際に届いたものは1GBのGeForce 210でした。型番等を下記に掲載しておきますが、おそらく在庫状況などによって変わると思いますので、状況次第で変わる可能性はあると思います。参考程度にしてください。

  • マザー
    • メーカー:MSI
    • 型番:X79A-GD65(8D)
  • グラフィック
  • オプションで追加した2TB HDD
    • メーカー:シーゲート
    • 型番:ST2000DM001


なお、結果論ですが、このマザー(X79A-GD65(8D))はメモリスロットが8本で、メーカーの公式スペック上は最大128GBまでいけるみたいです。CPUはXeonはサポートしないみたいでおそらくCore i7-3960Xどまりですが、家庭内でちょっとしたことする程度なら、それなりに長い間使えそうな予感はします。


<備考>
もしこのPCをHyper-Vの母艦として使いつつ、RemoteFXを使いたい場合、ビデオカードを一つ上のGeForce GT620にしておくことをお奨めします(理由は翌日のエントリで書く予定)

Windows Server 2012 RCでIntelのNICドライバをインストールする

OSはWindows Server 2012 RCをインストールしました*1
どのみち各種環境はHypre-V上で構築するので、いつでもホストのOSは入れ替えれますしね。

NICが見つからない!?

おおむね順調にインストールできたのですが、一点だけ、すんなりいかないことがありました。IntelのNICドライバのインストールです。
このマザーに搭載されているIntelのNICは82579Vで、一見、こちらからダウンロードしてインストーラを実行すればよさそうなのですがうまくいきません。インストーラがNICの存在を認識できていないような状態です。

解決策

これはどうやら、ドライバのinfファイル内でWindows Server 2012 RCの定義が足りいないために引き起こされているようです。
ちょっと検索してみると、解決策はすぐ身につかりました。

下記のサイトを参考に、infファイルに記述を追加してやればOKでした。

ドライバが正式にバージョンアップしたら不要になる、期間限定のTIPSですが、次もまた似たようなことが起こりそうな気がするので、メモしておきます。

*1:本当はRTMにしたかったですが、2012年8月21日現在、まだRTMはMSDNに上がっていないため